2014年06月15日

第4回 コンテンツセミナーを開催しました

昨日は、ビリオネアクラブのコンテンツセミナーでした。
隔月で偶数月に開催しているこのコンテンツセミナーも今回で4回目。
回を追うごとに参加人数も増えて来ており、われわれ運営側としても毎回メンバーに楽しみながら学んで頂けるように配慮するのに一生懸命です。

全員が全員にドストライクな内容を全講義で提供することは現実的には無理なので、ターゲットをある程度絞った形でコンテンツを提供しています。
今回は、@管理会社選びで不動産投資の結果は変わる(管理会社サイドから見た不動産賃貸業運営)、A日本と海外の生命保険の違い(米国生保のメリット)、BPT(パーペチュアルトラベラー)の生活実態と面白い海外投資案件紹介、C海外不動産投資の税務の4本立てを用意していました。
残念ながらCについては講師をお願いしているビリオネアクラブ顧問税理士の工藤先生の都合が急遽悪くなったため、来月に単独で仕切り直しの追加講演を頂くこととしました(6/14のコンテンツセミナー参加者は無料招待+映像配信付き)。

Bの講義では、リアルPTの日本人投資家T氏をお招きし、その生い立ちからたっぷり語って頂きました。高校をわずか1ヶ月足らずで退学したあと鳶職人となった氏は、ある日仲間の職人の高所からの落下事故を目の当たりにして、死や人生について初めて真剣に考えます。
自分探しの旅として海外に飛び出し、その後金融逆オークションという当時斬新なビジネスモデルで史上最年少上場を目指す起業を経験したものの、9.11のアメリカ同時多発テロ事件を機に出資予定者が次々脱落、億単位の個人負債と幼なじみのビジネスパートナーだけが残りました。
電車への投身自殺まで考え、踏切まで来たところで、「死ぬ気になったら何でもできる」という言葉を思い出し一念発起して新聞配達のアルバイトから再スタート、当時急成長していたある新興電気通信事業者の代理店として、輝かしい業績を記録し見事復活、38才の現在、世界各地に15社のコングロマリットを形成する企業グループのオーナーとしてリアルリッチ・リアルPTの地位を確立しているのです。

いま、ビリオネアクラブではこのT氏の保有している投資案件のリサーチチームともタイアップし、また新たな概念ともに日本のあるサービスに風穴をブチ開ける面白いことを検討していますので、そちらも追って楽しみにしていてください。

ビリオネアクラブへの入部はこちらから。


写真 1 のコピー.JPG
写真 2 のコピー.JPG
posted by 椙田拓也 at 11:36| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。